須坂市・小布施町・高山村・長野市東部・人工透析・シャントインターベンション・慢性腎臓病

トップページ 透析部門 >血管インターベンション

血管インターベンション Vascular access intervention

十分な透析治療を行うためには、十分な血流量が必要不可欠です。そして十分な血流量を維持するには前述の血管管理が重要です。クリニックでは透析のための血管にトラブルが生じ血流不足となってしまったとき、あるいは血管が閉塞してしまった場合には、血管内治療で対応します。

早期のトラブルならば血管内治療(シャントインターベンション)により9割以上の確率で回復が期待出来ます。
方法は狭くなった血管に風船付きのカテーテルを挿入し、風船を膨らませることで狭い血管も拡張します。その結果、血流が回復し閉塞の危険性も低下します。ただし一度狭くなった血管は再び狭くなるクセがあるため、定期的に造影および血管内治療を繰り返す必要があります。

しかし新たにシャントを作成する手術と違い入院する必要がないこと、穿刺可能な血管が短くならないことから、全国的にもシャントトラブルの解決方法として幅広く行われています。
院長は約500例の実地経験を持っており、風船による血管形成術(PTA)の他に完全閉塞例に対する血栓吸引術もクリニックで施行可能です。

シャント管理実績

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
シャント造影 44 38 35 32 40
インターベンション 38 42 35 32 46
  PTAのみ 36 34 32 26 34
  経皮的血栓除去術 2 8 3 6 12
※管理実績表に2017年度の数字を追加(2018年4月更新)


バナースペース


須坂 腎・透析クリニック

〒382-0099
長野県須坂市墨坂4-6-1

TEL.026-214-3020
FAX.026-248-6524
MAIL.info@kidney-suzaka.com

  • 生活保護法指定医療機関
  • 自立支援医療(更正医療)
    指定医療機関

地域医療機関との連携
当院は下記の施設において、 登録医として認定されて おります。

  • 長野市民病院
  • 長野赤十字病院
  • 松代総合病院
  • 北信総合病院